2006年度卒研川柳

本年度は,新企画として「茶々いれ川柳」を試みました.学生が書いた川柳に,他の学生が茶々をいれるというものです.


久村 喜蔵

1.風呂上り 就寝前の メールチェック

解説:夜が更けるにつれて先生からのメールチェックの頻度が上がる。

2.西武線 心落ち着く 第二の書斎

解説:通学で利用する西武線(武蔵砂川-高田馬場)の車両内において抄録、論文のチェック、発表の練習等人目を気にせずに行っていた。
(茶々いれ川柳from) 
総武線 自分も同じ 第二の書斎
解説:私も久村さんと同様に総武線の車内ではゼミ資料や抄録のチェックを行っていました。他の皆も電車内で同じ事をしている姿が目に浮かびました。

3.論文に 効果てき面 モーツァルト

解説:日頃聞かないクラシックが何故か抄録や論文執筆中には心地よかった。

(茶々いれ川柳fromリーナ) 
卒研に 煮詰まってきたら バイオリン
解説:卒研やりながら、なんか進まなくなってきたらバイオリン弾いてやる気出してました^^クラシック、普段あんまり聞かなくても、弾かなくても、効果はわかる時にはわかりますね!!

4.お父さん! 卒業するの いっしょだね

解説:今年保育園を卒園して新一年生になる長男からポツリと一言。

(お返し川柳)ピカピカと ちょいピカピカで ピッカピカ

解説:4番目の川柳「お父さん! 卒業するの いっしょだね」は,ほんとにホノボノ感がいっぱいです.子どもがかわいい時期,しかも親の相手をしてくれる時期はとっても限られています.卒研で1年間あんまり子どもと遊べなかったのではないでしょうか.損をしたような思いはないでしょうか?でも,頑張っているお父さんの後姿はちゃんと伝わったのではと想像します.これからピカピカになる1年生君と,仕事をやり遂げたちょいピカピカのお父さん,これからはしっかり遊んでください.遊んで貰えるのも,期限があることに注意です...

 

牧 宏典  

1.赤ワイン マグナムボトルは 常温で

解説:マグナムボトルがでかいこと・・・最初に見たときは笑えました。やっぱり常温がうまいです。

(茶々いれ川柳fromリーナ) 
赤ワイン コレには結構 驚愕し
解説:ほんと、初めてマグナムボトル見たときは驚愕しました。「でかっ!!」の一言;;それを一晩(2時間くらい?)で3本飲み干す大森研メンバーにも驚愕。常温は必ず、ね!
(茶々いれ川柳from) 
最近は 家でも飲むよ 赤ワイン
解説:ゼミの飲み会の影響か、最近ビール派からワイン派に変わってきました。昔の経験から飲まず嫌いになっていたんでしょうか。あと、飲む時はやっぱり常温です!

2.生ビール 迷わず頼む ピッチャーで

解説:これ基本なのでお忘れなく!!

3.忘れるな 生ハムピザと 焼きそばだ

解説:生ハムピザに焼きそばをのせて食べるのが、大森研スタイルです。と言うわけで、お酒の席の基本の型を川柳で残したいと思います。これ非常に大切ですよね。(お店は天狗)本当に最高の先生でした。研究室を悩んでいる人がいたら、ぜひ大森研究室をオススメします。先生は、あんな顔して、人情に厚いですから(笑)飲めばわかる!!

(お返し川柳)あんな顔? こんな顔で よかったヨ

解説:3番目の川柳「忘れるな 生ハムピザと 焼きそばだ」での解説で,あんな顔というのはは怖そうな顔,という意味だと思います.どこが怖そうなのか自分ではよく理解していません.しかし,優しそうな顔をしていて本当は怖い人っていうのが結構います.それに比べれば,怖そうに見えて,内実は人情味厚いほうが相手をよい意味で裏切るので,私は私でいいと思います.牧の場合,赤倉研で1年過ごし,研究室に問題を感じ,大森研に来たそうです.自分にぴったりする研究室で卒研ができる人はハッピーでしょう.我慢してでも卒研ができる場所であれば,それはまたハッピーでしょう.我慢がきかず飛び出して,大森研で卒研をやり,「本当に最高の先生でした」と言われれば正直嬉しいですね.ところで牧は,怖いと思って研究室にやってきたのだろうか?・・・謎!・・・謎と言えば,もうひとつ.2006年度は牧の言を借りれば「大森研一番人気」だったとか.そんななか,なんで,卒研原級生の牧が無事に大森研に入ってこられたのか,なんで?・・・謎!

 

佐々木 幸樹 

1.抄録の 染めたる赤の 美しさ

解説:抄録の第一回目の提出。それなりに苦労して作成した抄録は、見事に赤字で修正事項を指摘され返却された。所々にある赤字に、「ここまで見てくれたのか」という感動と、「痛いところ突かれた、どう直そうか」という悩み。赤く染まった文章に、ふと昔(小・中学時代)のことを思い出し、ノスタルジックな気持ちになった。

2.発表の 半ばでタイム 一分半

解説:発表会の時。発表が半分程度進んだところで、パソコン脇に準備していたストップウォッチの時間を確認。なんと126秒! 明らかにストップウォッチの操作ミス。ただでさえ乱れ気味の発表口調が、さらに乱れて早口になってしまった。

(茶々いれ川柳fromリーナ) 
発表の タイム取るのを 忘れてた
解説:発表が終わって、あることに気がつきました。「タイム確認しながらやろうと思ってたのに、計るの忘れた!!」究極的にアホでした。すごく緊張していました。デロデロでした後の祭りです、でも、まぁ上手く時間通りに説明できて良かった…♪
(茶々いれ川柳from) 
発表時 ストップウォッチ 押し忘れ
解説:ストップウォッチを気にしながら発表ができた佐々木さんがすごいと思いました。私は発表開始時にストップウォッチの事を忘れてしまい、発表が終わるまで気づかなかった次第です。きっとストップウォッチのスタートボタン押していても見る余裕は無かったでしょう。

3.マグナムを 二つ持ちたる 男かな

解説:赤ワインのマグナムと正義のマグナム。正義のマグナムは常に見えているわけではない。先生のさりげない言動や行動の中にチラリと見えるだけである。しかしそれを先生が持っていると分かっていることで、 緊張感を持ちつつも安心して研究に取り組むことができたと思う。

(お返し川柳)マグナムの 真意をよくぞ 掘り当てた

解説:これは,3番目の川柳「マグナムを 二つ持ちたる 男かな」に対するお返しです.研究室でご愛用の居酒屋「天狗」で飲むと,赤ワインのマグナムボトルをほぼ確実に3本は飲み干して帰ります.マグナムボトルがあるから「天狗」へいくのですけど.2005年度卒研生との飲み会から,マグナムボトルがテーブルの主役になってしまいました.さて,正義のマグナムとは何だろう?44マグナム.(クリントイーストウッド演じる)ダーティハリーで有名になった拳銃です.拳銃そのものが正義とは思いませんが,ダーティハリーの世界では正義のシンボルですね.「天狗」へ行けばマグナムを飲む,機会があればマグナムを抜いて正義を語る.そんな私をよく観察していたものと感じ入るものがあります.卒研テーマは夏休み前まで,ことごとく潰され,それでも色々と調べて「これでどうだぁ〜」とやってくる.あれだけガッツがあれば,どこでも通用するね...

 

桑原 輝之 

1.卒論を やった成果が 10ページ
解説:卒研着手の1年間は、これに尽きます。卒業研究を取り組むにあたって、自分の甘さがどのような結果を生むのかということを、最後まで思い知らされる年でした。卒研発表では満足な発表ができず、卒論はページが少ないということでプラス10ページの増加を余儀なくされました。モノが作られているからいいと思っていたが、言われてみると確かに10ページは少ないかなと。全てにおいて考えが甘かったです。ともあれ、無事4年間で卒業でき良かったです。この苦い経験が次のステップに活かせればと思います。

2.飲み会を している場所で アルバイト

解説:3年生の夏から始めた居酒屋「天狗」飯田橋西口店でのアルバイト。まさか大森研の飲み会の恒例の場所だったとは知りませんでした。4年生になっても天狗でバイトしていたので、必然的に幹事を任されることに。まあ、勝手がわかっているので全く問題ありませんでしたが

(茶々いれ川柳fromリーナ) 
飲み会予約 暗黙的に キミ任せ
解説:誰も疑わず、何も言わず、当たり前のように天狗の予約はキミでした。いつもありがとうでしたーっ!!これからもよろしくね♪(!?)しかも、商品並べたり注文したり、全部キミだった。いつもありがとうでしたーっ!!これからもよろしくね♪(!!) P.S.マネージャーももう少しよろしくね()
(茶々いれ川柳from) 
飲み会は 天狗じゃないと 始まらない
解説:飲み会時は桑原さんにいつもお世話になっていました。桑原さんのバイト先ということもあり、他のお店よりアットホームに飲むことができてとても楽しいかったです。

3.気がつけば 家まで送る マネージャー?

解説:大森先生とは最寄り駅が偶然にも隣だったので、気がついたら飲み会の後、 酔った先生を送ることが普通になっていました。終電時間を常に把握し、終電が無くなったらオールに付き合い、始発電車で帰るなんて当たり前。おかげで、為になるいろいろな話を聞くことができました。夜の席でしか聞けない重要な話は多々あるので、マネージャー?になるとお得かも。それにしても、まだまだオールできる先生の体力はすごい。

(お返し川柳)付き人に 身を委ねての 朝帰り

解説:桑原には大変お世話になりました.「気がつけば 家まで送る マネージャー?」という川柳にあるように,帰宅は彼に任せておけば,「ほぼ安心」.なぜ「ほぼ」か?彼は私よりひとつ前の駅で下車するので,あと一駅は私一人になります.当然,場合によっては魔の一駅になることがあります.終着駅の小手指にも行きました.折り返して新木場へも行きました.いつも順調に帰宅できていたわけではありませんが,とりあえず無事に帰宅できていたのは桑原のおかげだったと思います.もっとも,無事に帰宅したと安心し,玄関ドアを開けた次の瞬間,その場にうつ伏せて,私はそこで昼過ぎまで寝入るはめになったこともありますが...

 

高田 均 

1.耳にする 「べき」についつい BOタグ

解説:テレビなどから聞こえる「べき」に対して、要求なのかどうかついつい考えてしまう症状。

(茶々いれ川柳fromリーナ) 
一年間 卒研漬けで 発症したわ 
解説:同じく、卒研病が治りません;;だって、一年間苦労したモンね!!忘れられないよね!!それだけ頑張ったのさ〜!!けけっ

2.終わりかな? と思った頃に マグナムボトル
解説:そろそろ飲み会もお開きかなと思った頃に運ばれるてくるマグナムボトルに驚く!!

(茶々いれ川柳from) 
マグナムボトル うちらで何本 空かしたのか
解説:最高で3本のマグナムボトルを空けたのは記憶にあるのですがトータルで何本だったのでしょう?気になりますねぇそれにしても、追加のマグナムボトルには最初ビックリしました。

(お返し川柳)卒研を やらざるべきか やるべきか

解説:高田は大森研2年目での卒業です.1年目は,就職活動に明け暮れて(?)就職先は決めたようですが,なにせゼミに出て来ません.これでは,本末転倒で卒業できるはずもありません.2年目はどうなるだろうか?と見守っていましたが,高田自身が変わりました.やるべきだと自らに要求し,頑張ったと思います.「耳にする 「べき」についつい BOタグ」とあるように,さぞや卒研漬けになっていたことが分かります.お返し川柳では「べき」に凝ってみました.彼だけではないけれど,お疲れさんでした!

 

村田 莉衣奈 

1.国旗漬け 街を歩いて 雑学王!?
解説:自分で国旗学習ソフトを作るまで、実の実は「本当は国旗なんか覚えてもしょうがないんじゃないかな外国の興味を引くものは、もっと他にもあるんじゃないかな」なんていうネガティブシンキングが消えないでいた夏(ダメじゃん…)、街を歩く自分に変化が!!世の中、本当にいろんなところに国旗は描かれているもので、その国旗たちの国名がわかるわかる!!街に国旗なんてそんなにないと思っていたのに、国旗ソフトを作っているうちに国旗に反応する習慣がついて、街中の国旗の数にただ驚きました。そして、国旗知ってると結構みんなから尊敬の眼差しで見られる事を知りました()
2.他の人の 進捗状況 気にしてる
解説:大森研では、自分の進捗状況をゼミごとに皆に発表するため、自分&周りの人がどれだけ進んだかがわかってしまいます。これがまた焦る焦る!!前回のゼミまでは同じくらいの進捗状況だった人が、次のゼミで「オレ評価取る段階に入ったよ!」とか自分よりものすごーく進捗していたりした日にゃ。。切羽詰りながら作成してました。しかしながらこれがなければ私の作品は完成しなかったのではと思います。(たぶん。)
(茶々いれ川柳from) 
つまずいて 進捗を見て より焦る
解説:自分はテーマは早めに決まったのですが、その後の、作成作業でつまづいて作業が止まっていた時期が数ヶ月ありました。その期間は皆の進捗状況を見て、より焦っていた記憶があります。

(お返し川柳)レイナだろ! いえいえ私は リイナです

解説:村田莉衣奈と出会ったのは1年次開講科目の「専門文献輪講2(現,文献輪講)」でした.最初に受講生に書かせたレポートを読み,自己主張ができ,感性豊かで,洒落の分かる人間と出会いました.それが村田莉衣奈でした.他の学生が書いたレポートとは明らかに異質でした.授業で,彼女の書いたレポートを読んで,受講生に紹介したくらいです.後で聞けば,このときの出来事が,村田莉衣奈の研究室選びに大きく影響を与えたとか...さて,お返し川柳の解説です.私は学生の名前を覚えるのは得意な方なのですが,なぜか「レイナ」,なぜか「田村」と呼んでしまうようです.特に飲み会の時でしょうか.田村という名前の学生は過去にいたので混乱の結果かもしれませんが,レイナという学生は過去にいません.原因不明のボケが始まっているのかも...リイナは,国旗の学習WEB教材を作りました.子ども用に作ったわけですが,「国旗漬け 街を歩いて 雑学王!?」からも推察できるところですが,実は自分に一番役立ったようです.まー,自分に役に立たないものが人の役に立つ訳はないでしょうから,卒研は成功でしょう,田村レイナ!(爆笑〜〜〜)

 

浜田ちひろ

1.条件は やる気に熱意 お酒好き

解説:大森研に向く人ってこんな感じでしょうか?

2.隣見て 焦る自分の 進み具合

解説:隣、は大森研の他のメンバーだったり、よく遊びに行ってた隣の古川研だったり...人の進捗を聞くと焦ると同時にやる気にもなります.でも・・下に続く

3.秋過ぎて カウントダウン マイペース

解説:抄録や本論提出の日程も発表され、あと何日〜と指折り数えながらも、結局、ものすごーくマイペースに進めてました.本人よりも周りの方が心配してたかも・・反省気味です.

(茶々いれ川柳fromリーナ) 
マイペース 結局コレだ 最後には
解説:私もね、始めのうちは人に流されて焦ってたんだけど、最後の方はゼミがなかったから結局はマイペースで、やっちゃったんだよー^^;しかーし、飲み会は毎回ながらマイペースでしたー
(茶々いれ川柳from) 
冬過ぎて ひな鳥達が 巣立ってく
解説:秋が過ぎたころはかなり焦って、不安が増してきていた記憶があります。そこで、私はその後の私達を川柳にしてみました。

4.赤ワイン 片手に語る 人生論

解説:学校よりも天狗で学ぶことのほうが多いのが大森研の特徴デスネ(は言い過ぎでしょうか).

(お返し川柳)入浴チュ 鼻歌混じりで 発表練

解説:抄録を読んで,なんだか普通と違うなぁー.発表用スライドのチェック日,訂正したスライドを見せて貰えるはずが,あれ!?どこが変わったのだぁー.実は,チヒロは改訂したパワポファイルではなく,改訂前のファイルを持ってきていたようです.これって,「マイペース」かな?私からの指示によれば本番用のスライドを午後10時までにはメールで送って貰えるはずが,なんだよぉー,まだ届いていないじゃんかー.浜田自身も認めているように,やっぱマイペース人間ですね.心の中はどうだか知りませんが,あまり焦りを表に出さないようです.で,川柳の解説ですが,これは卒研の打ち上げコンパでどこかから聞こえてきた内容です.浜田が川柳にしないので私がしました.入浴中に練習かぁー.きっと,家族には念仏か鼻歌に聞こえたんだろうなぁ^

 

駒ヶ谷 龍次 

1.九段でも やっぱり慣れた 天狗かな
解説:工学部が九段校舎に移動した後でも,やっぱり行きなれた飯田橋の『天狗』で飲み会でした.
2.終わったぁ 少し切ない プレゼン後
解説:プレゼン発表が終了.うれしいけれど,一年間お世話になった大森先生,土井先生,研究室の仲間と過ごすのもあとわずか,と思い少し切ない気持ちを川柳にした.
(茶々いれ川柳fromリーナ) 
ちょっとだけ ナーバスになる 発表後
解説:発表後、みんなそうだったのね〜(><)うん、ちょっと嬉しさと安心と、卒業と別れに対する少しの不安と、そんな気持ちになったよね。ホンモノの達成感って言うものを真に感じたなーって思いました
(茶々いれ川柳from) 
どうしたの? 終わったのに 複雑だ
解説:私も、駒ヶ谷さんの川柳と同じ様な気持ちになりました。私も自分に問いかけているような川柳を作ってみました。(自分の川柳作成の時にはいい語呂が思いつかず、断念)
3.血眼に なって送信 もう朝だ
解説:抄録提出後,大森先生の厳しいチェックを受けた後に,血眼になって直した文章のファイルを添付して送信.気づいたらもう朝でした.

(お返し川柳)聖杯の 数え方が 分かります?

解説:駒ヶ谷は助数詞(ものの数え方)の学習WEB教材を作りました.鳥は1羽,2羽...というような数え方です.子どもにも大人にも役立つものと思います.私は,昨年末に小説「ダビンチコード」(秀作)を読み,最近映画DVD(駄作)を見て,「聖杯伝説」にちょっと興味のある今日この頃です.小説によれば,たぶん,聖杯は女性の子宮だったと思います.人間は女性を介して神に近づくのだとか...(だから,昇天というのか?)駒が谷の作品とダビンチコードが重なって,「聖杯の数え方は?」という自然な疑問が沸いてきたわけです.聖杯の数え方分かりますか?

 

中川原 廣守 

1.鬼の顔 仏の心 髭親父
解説:大森研究室のあるじは上記の3つの要素から成ると考えられる。
(茶々いれ川柳fromリーナ) 
日本酒と マグナムボトルと 焼梅と
解説:大森研究室あるじには、この要素も含まれていると思われます!!追加で書いてみましたどう?当たってると思います??^^
(茶々いれ川柳from) 
鬼の顔 飲み会時には 仏の顔
解説:中川原さんの川柳はいいものばかり!そこで、少し(かなりかも)表現を拝借して、飲み会時の先生を川柳にしてみました。
2.午前二時 丑三つ時の 電子便
解説:大森研究室のあるじは草木も眠る丑三つ時に電子メイルを送るという。(夜遅くまで卒研生の悩みに対応して頂いて感謝しております。)
3.神楽坂 ボトル空ければ 夜が明ける
解説:皆で酒を飲み、いつの間にか朝ということもあった。大森研究室のあるじは卒研生との交流、卒研生同士の交流の場を提供してくれた。

(お返し川柳)出来ること やりたいことを 区別せよ! 

解説:まず「鬼の顔 仏の心 髭親父」という川柳がひっかかりました.おそらく「仏」と対置するために使ったのでしょうが,「鬼の顔」はひどいなぁー.さて,中河原は卒論のテーマ決めでは右往左往しました.最初は「危険物取り扱い者試験対策用の教材」,次に「携帯電話用ソフトウェア作成支援アプリ」,そして「ことわざ学習用のWEB教材」.ここで,落ち着くかと思いましたが,携帯アプリの虫が疼いたのか「携帯でプログラミング演習」,「自習・復習用統計ツールの携帯電話による実現」へと携帯アプリ作成に方向転換しました.やっと自分には無理だと気づき,出てきたのが「道路標識・道路標示の学習教材」でした.これはディフェンスできず,再考を指示されたのが1014日でした.この段階で私は,今年度はもう無理だな!と内心思いました.そういう危機的状況にもかかわらず,中河原はゼミ後の飲み会にはちゃんとお付き合いをします.飲み会の意義を無意識に認識していたのだろうか...見るにみかねて,私は「ことわざに戻れ!」と一言.これで吹っ切れたのか,その後は「ことわざ学習WEB教材の作成」にまっしぐら.期間が短いせいもあって,作品の完成度は高くはありませんが,打ち込むものを明確にし,打ち込んでくれたことは,よかったと思います.自分自身の能力の限界に挑戦していこうという姿勢は持ち続けて欲しいと思いますが,お返し川柳も忘れずに・・・

 

松上 努 

1.ゼミあとの 飲み会もまた 為になる
解説:ゼミ後の飲み会で、豆知識から大学の裏話など色々なお話を聞くことができました。また卒研生同士仲良くなる機会です。私は4月の始めゼミに出ていなく親睦会にもでれませんでした。初めて出た4月第3回ゼミ後に大森先生が飲み会をやってくださって、とても感謝しています。ありがとうございました。
(茶々いれ川柳fromリーナ) 
先生の 話は全て ためになる
解説:そうですよね、ほんとに、飲み会の時の話までこんなに為になる先生ってソンジョそこらニャいませんよ!!しかも大学という枠を超えて、人生の話してくれますものね!大森研の飲み会は、少しくらいムリしても行くべきです。ムリした以上のものが必ずや帰ってきます!!!
2.プレゼンは ゼミ中から 真剣に
解説:卒論発表会ではとても緊張して、言いたいことを上手く伝えることができませんでした。普段のゼミ発表から真剣にやっていればもっとうまくできていたのではないかと思いました。

(お返し川柳)お返しも 時期がずれれば 空になる

解説:事情があって期限内に提出できなかったということです.お返し川柳の作成はそれなりに集中力が必要で,その作業が終わったと思った後には,考える気がなくなります.ということで,「空」なのです.タイミングは大事です.でもリーナからの茶々もはいり,それなりに格好はつたかなぁ^.

 

高林 宣洋

1.忘れてた 卒研川柳 提出期限
解説:すっかり卒論川柳の提出期限を失念しておりました。申し訳ありませんでした。
(茶々いれ川柳fromリーナ) 
当日に 思い出したり 課題かな
解説:大学在学中、沢山のレポートなど、提出物・課題がありましたよね?実は私、その殆どが前日or当日に思い出したりして切羽詰っているものなのです!いつも、課題をもらった直後に構想を練って、いざ書き出す段階になって・・・・・・・・・・・忘れます。実は今回の私の川柳も仕事中に「あ、こんなのいいな〜」なんて思ったものを家のPCへ送信し、そのまま気付いたら28日当日であわてて送信しました;;当日に気がつけるだけ、まだいいんですかね!?!?^^;
2.九段下 土曜隔週 卒論ゼミ
解説:仕事や転職活動をしながら、ゼミに参加していましたが、開催が土曜隔週であったため、社会人と学生としての両立を何とか果たせたと感じています。この1年間は、自分にとってとても貴重な経験だったと感じています。

(お返し川柳)仕事にて 忘れていたと 済ませるか?

解説:文字通りです.仕事の世界では,「失念」ななしにしましょう.