1996年度卒業生 卒研川柳

(宮内崇;坂本英樹;谷沢憲一;宮田宣子;岩崎誠友;浅井裕晴;鈴木智明;中条浩;山下達之)

 

宮内 崇  

1.リンゴの実 かじって論文 書き上げる

解説:リンゴの実はAppleMacintoshで,それをかじるというのは,研究室に入 って初めてMacにさわったということです.で結局すべてMacで書いたので川柳にしま した.リンゴの実をかじって少しは知恵がついてればいいのですが...

お返し川柳:近道も 後から思えば 遠回り

2.不味いのは 100パーセントの maltsです

解説:(モルツのスペル忘れました)ビールのモルツは100パーセントだから旨い .しかしWSmalts100パーセントになると非常にまずい状況になるということから .

お返し川柳:ラガーなら モルツを越える 余裕あり

坂本 英樹(大学院修了)

1.春の陽の 空を見上げて かえりみる

解説:学生最後の大仕事である修士論文の作成と,その発表を終えた数日後昼間 の空を見上げた.そのとき,理科大に編入学した4年前の自分をふとかえりみたとき に読んだ句である.

お返し川柳:ポインター さあ切り替えて 頑張ろう

2.いのちの根 ぐっとこらえて 深くなる

解説:理科大に編入学してから修士論文作成までの4年間,辛いこと,悔しいこ と,悲しいことなどいろいろありました.人間のいのちの根というものはこういった 事をぐっとこらえて深くなるんだということを読んだ句である.

お返し川柳:ポインター 次に張るのは いのちの根

3.人と人 大切なのは 心です

解説:人間関係において一番大切なものは「心」であるということを実感した学 生生活でした.この句はそういった思いを読んだものである.

お返し川柳:ポインター 張ったら切るな 自分から

4.わたくしの いまがあるのは おかげさま

解説:今の私があるのは,様々な人達が私を支えてくれ,力になってくれたおか げである.そういった気持を読んだ句である.

お返し川柳:ポインター 張ったところに 仲間でき

谷沢 憲一(大学院修了)

1.まだだめか 「思考」「発想」 「アイデア」「支援」

解説:テレビや会話の中に出てくる「発想」「思考」「アイデア」「支援」とい った言葉に,敏感に反応してしまう体になってしまった.いつになったら解放される のか...

お返し川柳:かろうじて 自筆の修論 まにあった

2.成せばなる やればできる でもやらない

解説:壁にぶつかった時自我の崩壊を回避するために自己暗示として自分にいい 聞かせてきた言葉.そんな私を人は負け犬といって指さす.

お返し川柳:引導を 渡すまもなく 修了か

宮田 宣子

1.先生の お人柄が 身にしみる

お返し川柳:目に光る 涙に負けた テーマ決め

岩崎 誠友  

1.いい感じ 出来たつもりが 夢の中

解説:ユースケース,イベントトレース図を作っていい感じのものができたと思 い喜んでいたが,ふと我に返るとそれは夢の中のことで,実際はできていなかったと いう悲しかった出来事.

お返し川柳:夢のなか できただけでも ごりっぱさ

浅井 裕晴

1.Macちゃん どうしてそんなに かたまるの

解説:作業をしているときに,学校のMacや自宅のMacが幾度となくかたまってし まい,極めつけは抄録提出日の前日にかたまってしまい,最初から抄録を作り直した ことが 印象に残っている.早めにしていれば別に問題なかったんですが.... ..

お返し川柳:何事も 遅め遅めが 首しめる

鈴木 智明

1.信じるな! 甘い言葉と コンピュータ

解説: さあ卒論を書き始めるぞ!という時に,私のパソコンのハードディスク がいきなり壊れてしまい,お金がないのに泣く泣く新しいハードディスクを買わざる を得なくなりました.まだ買って一年しかたってなかったのに....その後にも, 卒論を書いている途中でファイルが壊れてしまい,結局何日か前にとってあったバッ クアップファイルをもとに書き直すはめになったことも2度ほどありました.いくら 技術が進歩したと言えど,うかつにそれを信用してはいけない.コンピュータを信じ ちゃいけない.甘い言葉とコンピュータには気をつけろ!バックアップはこまめにし ようね!という教訓です.

お返し川柳:信じよう 自分の力と 締め切り日

中条 浩    

1.年明けて 抄録提出 近づきて 暑き夏を 悔やみけるなり(卒論短歌)

解説:年が明けて,抄録の提出期限が日に日に近づいてくると夏休みの時間がた っぷりあったときに,もっと研究を進めておけば良かったと悔やむ気持ちでいっぱい になる思いを歌った.

お返し川柳:後悔を させぬ指導を したんだが

山下 達之

1.いつまでも あると思うな 残り数日

解説:まだ,「あと一週間あるや」,「あと3日あるや」とおもっているうちに あっという間に提出当日になってしまう.やっぱり早めにやっておけばよかった.あ と何日と思うのは非常に危険とわかった.身をもって体験した思いを歌に読みました .社会に出たらこんなことはしません.

お返し川柳:いつまでも 待つと思うな あ〜付録

2.やったのは 幹事だけでは ないんだよ

解説:「みんなは研究してない」,「要領がいい」と言うけれど実際はちゃんと ”研究”をやったんだよという気持ちを歌に表しました.結局,合宿・飲み会の幹事 はほとんどやったけど,そのおかげで卒業できたのかな?

お返し川柳:幹事だけ それで卒業 あまくない