1994年度卒業生 卒研川柳

 
田村知義坂倉伸幸;石川和男;山崎康輝原子一彦佐々木剛

 

田村知義

1.飯いこう その一言が 命取り

解説:飯にいくのはいいが,何故かビールがどんどん注文されていき,飲みへと 変わっていく. 

コメント:幸いにして命取りにはならなかったようである.こうした機会を通じ て学生同士理解しあい,助け合う雰囲気がうまれたのだと思う.よく研究し,よく食 らい,よく飲むことはやっぱりいいことだ.

2.院生が いないときほど よく落ちる

解説:小林さんがいないときに限って,ワークステーションが落ちること.

コメント:小林君というのは,大学院2年生のときに私の研究室に所属していた 非常に優秀な大学院生のことである.学科のワークステーションのお守りから卒研生 の面倒までよく見てくれた.そういう彼が大学にいないときに限って,卒研で使って いるワークステーションが落ちる.でもそれで卒研生はたくましくなったと思う.

坂倉伸幸

1.年があけ 卒研大詰め なのに酔う

解説:冬休みも終わり卒業研究も一番忙しい頃なのになぜかうちの研究室の人た ちは毎日のように飲み歩いていた。

コメント:私は二部学生はとっても忙しいし,あまりお金も持っていないものと 思っていた.だから飲みにはあまり誘えないなと着任当初から心していた.これは私 のまったくの偏見・誤解であることを思い知らされた.卒業研究の終盤に,よくまぁ 〜暇があるものだと感心してしまった.

2.秋の虫 不安が募る 間に合わない

解説:僕は(自業自得だが)夏の間なにもしないでプログラミングに取りかかっ たのが初秋のころだった。この時に先生に「卒業できないよ」となにげに言われ周り の大森研卒研生と比べ自分が以下に遅れているかを思い知らされ不安になった。

3.ビアグラス 昨日の今を ふと思う

解説:2月ともなるとほんとに毎日飲みに行っていたので自分のグラスにビール が注がれると「あれ、また今日も飲んでるよ。」と思ってしまう毎日だった。

4.春一番 冬を越せそな キリギリス

解説:大学院生の小林氏に僕と長谷川君は勉強しなさ過ぎなのでキリギリスコン ビとか言われていたけれども春一番が吹く頃にはなんとか卒論のめどがついてきたこ との例え。

5.重い蓋 開けてみたなら 万華鏡

解説:この研究室が好きになれなくてなんでこんなところにこなきゃ行けないん だと思っている時期がありました。人間的にもです。しかし、後半になって飲みに行 く機会が増えたせいもあってかここの人間のおもしろさが少しずつ見えた気がした。 それまでが時間がかかったので重い蓋と表現しました。みんな万華鏡のようにいろい ろな顔を持っていて人間の魅力を感じたこともあった(先生も含めて)。と同時に、 今までたいして努力をしていない魅力ない自分もいた。卒業研究も努力したなんてと ても言えない。もっと自分に厳しくなりたい。でも自信がない。万華鏡のように複雑 な想いです。(あまったれているのは承知です。)   

石川 和男

1.なぜ落ちる 私はなにも していない

解説:UNIXを使っていて,何も変な操作はしていないのに,止まってしまうと焦 ります.(私は4,5回落しました.)

2.心臓に 悪い電話の ベルの音

解説:6Fの内線電話のベルがなると,なぜかどきっとします.(やましいことが あるわけではないのですが.)ついには,学内を歩いていて関係ない電話のベルの音 にも反応してしまうようになりました.

3.気がつけば もう12月だ プログラム

解説:プログラムは早めに組みましょう.

山崎康輝

1.デッドライン 遠くに見えるは まぼろしだ

解説:何事も〆切(デッドライン)というのは設定されている.卒業研究は1年( 大森研では8カ月)であるが,この期間を長い(遠い)と見るのはまぼろしであって ,実はすぐ近くであるということを意味している.

原子一彦

1.卒研に 入らにゃ分からん この苦労

解説:大学4年間で卒業研究が一番大変だった.

2.先生の 要求高く 嗚呼ため息

解説:作って持っていくと,「これもできないのか」と言われ,それをこなして 持っていくと,さらに「これもできないのか」と言われる.「ああ,ガンばらなきゃ 」と思う.

3.怒るのが 仕事だけれど 怒られた

解説:昼間は仕事で,高校の実習教員として生徒を指導している.夜は生徒とし て学んでいる.昼は怒り,夜は怒られている.

4.飲みあかし 朝までいたよ 飯田橋

解説:飲んで,歌って,朝までいたことがたびたびあった.

5.のんべぇが 何故か集まった 大森研

解説:飲み会をやってみたら,「飲む奴がこんなにいたのか」と驚き,嬉しくなって しまった.

佐々木剛

1.大森研 四季に始まり 四季でしめ    by 幹事さん

解説:大森研の始まりは「四季」での飲み会だった.終わりもやっぱり「四季」 で の飲み会だった.                   

2.まあ座れ その一言が 一杯に...  詠み人知らず

解説:先生の一言「まあ座れ」が,なにを意味しているかと思えば,ビールを交 わ すことであった.それは研究室内のことであった.  

3.冷蔵庫 あけてびっくり 缶ビール 詠み人知らず

解説:研究室(9F)で先生に「冷蔵庫開けて..」と言われ,びっくり.冷蔵 庫 の中はは缶ビールでびっしりだった.

4.アマノ君 ウド君そんな あだなやだ   by みぎひだり

解説:相棒にアマノ君というあだ名をつけたら,自分のあだ名はウド君になって い た.トホホ...

5.卒研も 終わればお遊び Macかな by photoshop

解説:卒研が終わったとたんに,あんなに活躍したMacが,photosho p を使ったお遊び機,ゲーム機になっていた.

6.ATOK ナインかエイトか ハッキリせい!    by PS/V

解説:PS/VのFEPが,ATOK9とATOK8とで行ったり来たり.PS /V自身にすればいい迷惑であろうに.                     

7.プリンター つぎはおいらの番なのに...T_T)      詠み人知らず

解説:卒論提出直前になり,プリンターでの打ち出しが順番待ちに.前の人早く 終 わらないかなぁ,もっとテキパキできないかなぁ.

8.裏紙も 積もり積もれば 山となる

解説:上質紙の減りが早い.「もっと裏紙を使うようにしましょう」と話したと た ん,あっと言う間に裏紙が山のように集まった.(はじめからみんなその気持ち があればいいのに...)

9.予算がない 赤字だかまわん! メモリ買お

解説:予算がなく,赤字覚悟であっても,「研究に支障を来してはいけない」と , メモリを増設してくれた先生に敬服.

10.キュッパチか マックかありゃりゃ ユニックス!?

解説:ソフトウエア制作で,98でやりたいなぁ,いやいやMacのほうがいい なぁ,いやいや「ユニックスでやりなさい!」ありゃりゃ...

11.タバコがない あったよかった 中身がない...

解説:研究室(6F)でタバコがなくなった.見つかったと思ったら,もうすで に 中身はなくなっていた...

12.わかったか? はいはい,いまいち わからない

解説:「はい」と返事はしたものの,実はわかっていないことがある.