最近,以下のようなウェブに関係する研究を行っている.

(参考:http://ohmoriws1.ms.kagu.tus.ac.jp/lab_master/paper.html

    大森晃

    言語処理学会論文誌「自然言語処理」, Vo.15, No.1, pp.53-79, 2008(全27頁)

    大森晃

    電子情報通信学会論文誌D,Vol.J91-D,No.04,pp.978-992,2008(全15頁)

    大森晃

    FIT2009講演論文集第2分冊, 133-140, 2009

    大森晃

    FIT2009講演論文集第2分冊, 167-174, 2009

これらの研究は,日本語ウェブページを有効に利用するための技術や,技術の基盤となる論を整えようとしている.計算機工学が「計算機の利用技術を研究する」工学分野であるということから考えて,上記のような研究は「ウェブの利用技術を研究する」工学分野であると言ってよいと考える.そして,そうした工学分野を「ウェブ工学」と呼んでよいのではなかろうかと考える.

これまで,ウェブの分類技術,ウェブフィルタリング技術などなど,ウェブを対象にした研究はたくさんある.そういう研究領域を総称して「ウェブ工学」という名称でくくってみるという考えはどうであろうか?