「子どもが育つ魔法の言葉 for the Heart より」:オリジナルと大森バージョン


子どもが,学校から1枚のプリントを持ち帰ってきた.なにやら,とってもいいことが書いてある.「子どもが育つ魔法の言葉 for the Heart より」とある(著者,出版社未調査).

しかし,こどもが「受身」の立場で登場する.もっと,子どもを主体性ある存在として見れば,メッセージは変わる.ただし,もとのメッセージを否定する気はない.

こんなことを考えて,書き始めたのがこの独り言なのだが,たぶん,1年以上は私のPCのなかで眠っていただろう.

ふと思い出して,また書き始めた.「とりあえずのメッセ」(だから,完成版ではない)が出来たので,アップすることにした.

以下,---------------の上段が「子どもが育つ魔法の言葉 for the Heart より」で,下段が私流のメッセです.


期待しすぎると,子どもは疲れてしまう:

-------------------------------------------------------------------------

何を期待されているかを考えるのであれば,それより前に,自分は何をしたいのかを考えてみようよ.考えることに,多少疲れるかもしれないが...


規則で縛りつけると,子どもは抜け道を探す:

-------------------------------------------------------------------------

規則がいやになり,規則に縛り付けられていると感じたら,抜け道ではなく,それをどう直せばいいかを皆で考えてみようよ.自分たちのための「規則」なんだから.


何でも言うことを聞いていると,子どもは自己中心的になる:

-------------------------------------------------------------------------

自己中がいつも悪いわけではない.自己中であった方がメンタル的にいい場合も多々あるし...逆に,自己中になりえない子どもはかわいそうだと思うなー.いつも周りを気にし,自分を犠牲にし,そういう自分が嫌になるけど,そんな自分から抜けられない.自己中,いいじゃんか.わがままとは違うぞー...


失敗ばかりさせていると,物事を途中で投げ出す子になる:

-------------------------------------------------------------------------

失敗は挑戦の副産物だ!この副産物を餌にして,どんどん次の挑戦をしていこうよ.


約束を破ってばかりいると,子どもはやる気をなくす:

-------------------------------------------------------------------------

やる気は,みんな持っているよな!やる気っていうのは,自分の心の問題で,他人は関係ないんだぞ!


否定されてばかりいると,子どもはどうしていいかわからなくなってしまう:

-------------------------------------------------------------------------

君は,自分の意見をいつも否定されているかもしれない.でも,それって,自分の意見を持ち,それを主張するからだよね.なんと,すばらしい行為だろう.だけど,周りの人の意見も聞きながら,自分の意見を微調整し,それを主張することはもっと素晴らしい行為だよ.自信と謙虚さのバランスを保とうよな.


子どもの気持ちを大事にすれば,子どもは思いやりのある子に育つ:

-------------------------------------------------------------------------

自分の気持ちは大事にして欲しいよな.同じく相手もそう思っている.お互いの気持ちを大事にしあうってことが,大事なんだろうな.


信じてあげれば,子どもは本当のことを話してくれる:

-------------------------------------------------------------------------

本当のことは,なかなか話せるもんじゃないよな.でも,いつまでも自分の心の中にしまっておくのも辛いよな.だから,はやく,何でも話せる「親友」を作るんだな.


親が自分に正直に生きていれば,子どもも自分に素直になれる:

-------------------------------------------------------------------------

素直って,相手の意見を無条件で聞き入れることじゃないぞ.我が意のままに行動すること,それが素直というもんじゃ.頑固で,強情になること,なんと自分の気持ちに素直に行動しているではないか.


子どもに任せれば,子どもは責任感を持つようになる:

-------------------------------------------------------------------------

任せられなくたって,自分のやることには責任をもてるようになれよな.


親が自立していれば,子どもも自立の芽を伸ばす:

-------------------------------------------------------------------------

自立してない親を見て,子どもはもっと自立の目を伸ばす.あんな親にはなりたくない!ってね.そんな気がしてならない.


健康な生活を送っていれば,子どもは体を大切にする:

-------------------------------------------------------------------------

子どもたち!毎日,元気で過ごしな.生きるってことがまずは基本だぞ!ところで,体を大切にして,健康な生活を送らなければならないのは,子どもではなく,大人じゃないのだろーか.


支えてあげれば,子どもは明るい子に育つ:

-------------------------------------------------------------------------

親,おとな,周りの人たち?支えてあげるのは...支えが必要なんじゃないだろー.毎日,笑顔を忘れずに育って欲しいよな.「自分」に笑顔を振りまく「自分」も忘れるんじゃないぞ.


違いを認める家庭であれば,子どもは生き生きする:

-------------------------------------------------------------------------

「生きよう」と思えばいいのさ...生きようと思えば,生きてるし,生きていれば,生き生きしてくるさ...だから,まずは自分が生きること,それが大切なんだ.


あたたかい目で見守ってあげれば,子どもはやさしい子に育つ:

-------------------------------------------------------------------------

冷たい目で見られると「つらいなー」.自分も,他人も,厳しい目で見るようになる.ついつい否定的になる.そんなとき,自分にやさしくするところから始めよう.自分のやさしい気持ちに触れれば,やさしさの意義がわかるだろうから...わがままになれって言っているんじゃないぞ.


子どもを信じて未来を託せば,子どもは頼もしい大人になる:

-------------------------------------------------------------------------

自分を信じて,夢を持って生きていけば,きっと頼もしい大人になれるよ.


(索引へ)