5.1    標準入出力の方法と使い分け


C言語では、一連の標準入出力関数が、誰でも共通の資源として使用できるようにライブラリ化されています。

一文字単位の入力を行うには、getchar( )、出力を行うには、putchar( )

一行単位の入力を行うには、gets( )、出力を行うにはputs( )

書式制御付きの入力を行うには、scanf( )、出力にはprintf( )

を使うのが便利です。



<1文字単位の入出力>
<関数ヘッダ>   int getchar (void) ;

<機能>             標準入力から1文字読み込む。

<戻り値>           読み込んだ文字

<関数ヘッダ>   int putchar (int c) ;

<機能>             標準出力に1行書き出す。


<1行単位の入出力>
<関数ヘッダ>     char *gets (char *string)

<機能>              標準入力から一行読み込む

<戻り値>            読み込んだ文字列へのポインタ。エラーまたは復改はNULL。復改をヌル文字に
                          置きかえる。

<関数ヘッダ>      int puts (const char * string)

<機能>               文字列を標準出力に書き出す。

<戻り値>             エラーは−1、ヌル文字は復改に書きかえる。


<書式制御付きの入出力>
<関数ヘッダ>     int scanf (const char * format_string, arg1,arg2,......,argn)

<機能>               標準入力から書式付入力。

<戻り値>             読み込み項目数

<関数ヘッダ>       int printf (const char * format_string , arg1,arg2,...,argn)

<機能>               標準出力へ書式付出力。変換文字で書式制御。フィールド幅や精度も指定可能。
                           コンパイラによって可変指定も可能

 


「もくじへ」