3.1   分岐の種類と使い分け


条件によって分岐を行うには、if文switch〜case文if else文などが使われます。


@ if文は、もっともシンプルな方法で、ある条件のときと、それ以外のときでプログラムの流れを分岐させます。

if  ( 式 )
     {    文1    }
else
     {    文2    }

( )内の式を評価し、もし式が真なら文1を、偽なら文2を実行します。


Aswitch〜case文は、複数方向の分岐(分岐する方向先の数が多い場合)に便利です

switch ( 式 )


    case 式1 : 文1
                     break;
    case 式2 : 文2
                     break;
              ・
              ・
              ・
    case 式n : 文n
                     break;
    default    :   文

switchの( )内の式とcaseの式1〜nが比較され一致するcaseに書かれている文を実行し、break文でswitch文を抜け出します。もし、break文が無かったら次のcaseに書かれている文に実行が進みます。また一致するcaseが無ければ、defaultが実行されます。defaultに書くものが無ければdefaultは省略できます。( )内の式に使えるデータ型はchar、int、enum。


Belse if文はswitch〜case文同様に複数方向の分岐に使います
    switch〜case文の(式)に指定できる型はchar、int、enumだけでしたが、これ以外の型の式を条件判定したいときには、else if文を使います

if ( 式1 )
   {     文1      }
else if ( 式2 )
    {    文2      }
          ・
          ・
          ・
else if (式n )
     {   文n      }
else
      {   文       }

式1〜nまで上から評価され、一致したところの文を実行し、else ifから抜けます。一致する条件が無かったら、else文が実行されます。

 


「もくじへ」