2.3            無限ループの作り方


   プログラムを作成する際、無限ループを作りたいときがよくあります。
C言語では次のようにして無限ループを作ります。

@ while(1)
       {       文        }

       「1」はC言語において「真」をいみするので、{    }内の文をずっと実行し続けます。

for( ; ; )
         {     文        }

      ループの終了条件がないので、{    }内の文がずっと実行されます。


   このような無限ループを使う場合、ある条件になるまでは無限にループを続け、ある条件になったらループを抜けられると都合が良いわけですが、無限ループから抜け出すには、break文がよく使われます。break文によって繰り返されている実行文を飛び出して、次の文に進みます。

[@ while文による無限ループからの抜け出し]

while(1)
         {
          ・・・・・・・・・
          
if (式) break ;
          ・・・・・・・・・
          }
     
(次の文);

[A for文による無限ループからの抜け出し]

for( ; ; )
        {
         ・・・・・・・・・・
        
if   (式)  break;
         ・・・・・・・・・
         }
     
(次の文);

 


「もくじへ」