getc( )とputc( )


getc( )とputc( )は1文字単位のファイル入出力関数です。


「getc(ファイルへからの1文字読み出し)」

(書式)

  getc(fp)
fp: オープンされているファイルポインタ

(機能)
     ファイルポインタfpで示されるファイルから1文字読み出しその文字を返します。ファイルエンドでは−1を返します。


「putc(ファイルへの1文字書き込み)」

(書式)

putc(c,fp)
c : 書き込む文字
fp : オープンされているファイルポインタ

(機能)
     ファイルポインタfpで示されるファイルに文字cを書き込みます。正常に出力できればその文字を、エラーならば−1を返します。


(例 C3)ファイル”temp”に文字を書き込み、そのファイルから文字を読み出すプログラム

#include<stdio.h>

main( )
{
  FILE * file;
  int c;

  file=fopen("temp","w");         tempを書き込みモードでオープン
  while((c=getchar( ))!=EOF)    標準入力から1文字取得
  putc(c,file);                         ファイルポインタfileに1文字を書き込む
  fclose(file);

  file=fopen("temp","r");           tempを読み出しモードでオープン
while((c=getc(file))!=EOF)          ファイルポインタから1文字読み出す
  putchar(c);                           標準出力に1文字送る

}

「基礎講座もくじへ」

「Q&Aもくじへ」

「つぎへ」